体臭

体臭・わきがにも効く!水素水の効果をリサーチしています。

体臭・わきがにも水素水を

近年、水素水が大きな注目を集めるようになった理由は、その驚くべき健康効果にあります。

【水素水の健康効果って?】

ドクター悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル)」は、ストレスや睡眠不足、紫外線や喫煙など、日常生活のさまざまな要因から体内で過剰発生し、細胞にダメージを与えます。
悪玉活性酸素は、老化や病気の大きな要因なのです。

水素水には「悪玉活性酸素に反応して結合する」という驚異的な働きがあります。そして、無害な水となり体外に排出されます。
水素水は、悪玉活性酸素の増加や活性化を抑制してくれるのです。

そんな水素水が、体臭対策にも効果的という噂は本当なのでしょうか?その詳細を以下に紹介していきましょう。

汗が原因の場合

汗を掻くことは、体温のコントロールに重要な身体反応。人体には大別して、2種類の汗腺があります。

  • エクリン腺…全身にあり、皮膚の表面に汗を出す。
    ここから出る汗は蒸発しやすく、ニオイの元になりにくい。
  • アポクリン腺…ワキや陰部などにあり、毛穴から汗を出す。
    ここから出る汗が含む成分は、空気中で分解されニオイの元になりやすい。

上記からも分かるように、ニオイの元となる汗は、主にアポクリン腺から出ています。

また悪臭を発するのは、汗だけではありません。毛穴から同時に出た皮脂が「酸化」することで、よりニオイが強まるのです。

この「酸化」を助長するのが、悪玉活性酸素。水素水には、悪玉活性酸素を選択的に無害化する力があるので、気になるわきがの軽減に役立ちます。

加齢が原因の場合

40~50代の男性を悩ませる「加齢臭」の原因については、製薬会社による研究が続けられています。その結果、加齢とともに増えるジアセチルやペラルゴン酸、そしてノネナールといった成分が、ニオイの元であることがわかってきました。

水素水は、特にノネナールという成分に対して効果を発揮します。というのもノネナールは「皮脂に含まれるパルミトレイン酸が酸化することによって、発生する」成分で、カビ臭い独特のニオイを持っています。

身体内に活性酸素が多い状態だと、パルミトレイン酸の酸化は促進されてしまいます。水素水には、悪玉活性酸素を選択的に無害化する力があるので、気になる加齢臭の軽減にも役立ってくれるのです。

体臭改善に効果的な水素水の取り入れ方

体臭が気になる場合に効果的な水素水の取り入れ方として、飲用はもちろんのこと、臭いが気になる箇所を水素水で拭く、直接スプレーする、という方法もあります。

ペットボトルやアルミパウチに詰められて販売している水素水では難しいですが、自宅で作るタイプのアイテムであれば、こういった応用も可能です。

このページの上部へ戻る