歯周病

このページでは、水素水の歯周病予防改善効果を紹介しています。

近年、水素水が大きな注目を集めるようになった理由は、その驚くべき健康効果にあります。

【水素水の健康効果って?】

おじさん悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル)」は、ストレスや睡眠不足、紫外線や喫煙など、日常生活のさまざまな要因から体内で過剰発生し、細胞にダメージを与えます。
悪玉活性酸素は、病気や老化の大きな要因なのです。

水素水には「悪玉活性酸素に反応して結合する」という驚異的な働きがあります。そして、無害な水となり体外に排出されます。
水素水は、悪玉活性酸素の増加や活性化を抑制してくれるのです。

そんな水素水が、歯周病にも効果的という噂は、本当なのでしょうか?その詳細を以下に紹介していきましょう。

水素水の歯周病予防改善効果

「水素水が歯周病の予防に効果的である」という興味深い事実が、岡山大学大学院の医歯薬学総合研究科予防歯科学分野による実験で証明されました。

【実験の内容詳細】

・歯周病を惹起させたネズミを2グループに分ける。
・1グループに水素水、1グループに蒸留水を与える。
★一定期間後、水素水を与えたグループのネズミの歯周病改善が、証明された。

この実験により、水素水の健康効果がまたひとつ立証されたことになります。

水素水の何が効く!?

上記の実験初期において、歯周病を惹起させたネズミの血中では、悪玉活性酸素の濃度が高まっていたそうです。しかし、水素水を与えられたグループについては、一定期間後に悪玉活性酸素の濃度が低下し、歯周病の進行も抑制されました。 つまり水素水の「悪玉活性酸素除去効果」は、歯周病の予防改善にもひと役買ってくれるというわけです。

歯周病には痛みがなく、静かに進行していきます。30代の日本人の8割は、すでに歯周病にかかり始めているというのだから、怖いですよね。

歯周病はやがて歯周炎や歯肉炎を引き起こし、歯を脱落させるという深刻な症状を引き起こします。ひと昔前まで、歯周病の進行を食い止められずに総入れ歯を選択する高齢者は、数多くいました。しかし近年、歯周病を予防改善することで、80代でも自分の歯を多く残すことが可能だと分かっています。

歯周病は、生活習慣によって進行のスピードが速まります。不十分な歯磨きはもちろん、睡眠不足やカフェイン/甘いものの多量摂取、喫煙などもその原因に…。水素水の飲用習慣をつけ、歯周病を予防改善していきましょう!

このページの上部へ戻る