肩こり

このページでは、水素水の肩こり予防改善効果を紹介しています。

水素水の肩こり予防改善効果

近年、水素水が大きな注目を集めるようになった理由は、その驚くべき健康効果にあります。

【水素水の健康効果って?】

肩こり悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル)」は、ストレスや睡眠不足、紫外線や喫煙など、日常生活のさまざまな要因から体内で過剰発生し、細胞にダメージを与えます。
悪玉活性酸素は、病気や老化の大きな要因なのです。

水素水には「悪玉活性酸素に反応して結合する」という驚異的な働きがあります。そして、無害な水となり体外に排出されます。
水素水は、悪玉活性酸素の増加や活性化を抑制してくれるのです。

そんな水素水が、肩こりにも効果的という噂は、本当なのでしょうか?その詳細を以下に紹介していきましょう。

肩こりにさまざまな角度からアプローチ!

重い頭部を支えている肩は、ただでさえ疲労の蓄積されやすい部位です。加えて近年は、デスクワークにコンピュータが取り入れられるのが当然になってきました。長時間同じ姿勢でPC画面を見つめ続けていることにより、肩こりの症状が悪化している人が増えています。

肩こりは筋肉疲労と、それが招く血流の悪化により生じます。血流の悪い血管の内部には、乳酸などの疲労物質が蓄積されやすくなります。これを感知した神経が、痛みを引き起こすのです。

水素水は、上記の「悪玉活性酸素除去効果」に加え、血流上昇や血管膨張を促進させる働きを持つことがわかっています(国際福祉医学大学の研究による)。

もちろん「悪玉活性酸素除去効果」も、肩こりの改善にひと役買ってくれます。生活習慣やストレスにより発生した悪玉活性酸素を血管内から除去し、スムーズな血流が行われるようサポートしてくれるのです。

意外な効果:抗炎症作用

水素水には、炎症を抑える作用があることがわかってきました。炎症は筋肉細胞が破壊されたり、病原菌が体内に侵入したりすると起こる、身体の防護作用。本来ならなくてはならないものなのですが、炎症を起こす物質は時として、何の問題もない細胞を攻撃することがあります。

水素は炎症を起こす炎症性サイトカインという物質を抑制する働きもあるので、積極的に摂ることで、肩こりや筋肉痛の症状軽減につながるのです。

いかがでしょうか?「つらい肩こりが慢性化している」という人は、ぜひ水素水の飲用習慣をつけましょう。また一部の整形外科などで行われている「水素温浴」も、肩こりに効果的という声が挙がっていますよ。

このページの上部へ戻る