疲労・二日酔い

疲労回復や二日酔い改善・免疫力アップに役立つ水素水の効果を調査しています。

疲労回復に役立ち免疫力も高める水素水

近年、水素水が大きな注目を集めるようになった理由は、その驚くべき健康効果にあります。

【水素水の健康効果って?】

理解悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル)」は、ストレスや睡眠不足、紫外線や喫煙など、日常生活のさまざまな要因から体内で過剰発生し、細胞にダメージを与えます。
悪玉活性酸素は、病気や老いの大きな要因なのです。

水素水には「悪玉活性酸素に反応して結合する」という驚異的な働きがあります。そして、無害な水となり体外に排出されます。
水素水は、悪玉活性酸素の増加や活性化を抑制してくれるのです。

それでは水素水の代表的な健康効果を、以下に紹介していきましょう。

疲労回復

人間の体内にある細胞内では、ミトコンドリアがエネルギーを作り出しています。その際、同時に活性酸素も発生しています。それ自体に大きな問題はないのですが、ストレスや睡眠不足などの悪影響が及ぶと、悪玉活性酸素へと変化してしまいます。体内に蓄積された悪玉活性酸素は、疲労の一因となっていくのです。

しかし、人間の身体とは本当に良くできたもの。もともと、活性酸素を除去する「抗酸化酵素」が備わっています。ところがこの酵素、30代を境に減少に転じてしまうため、悪玉活性酸素の影響による疲労蓄積が、排除しづらくなるのです。「若いころに比べ、疲労回復が遅くなった」と感じるのも、無理はないでしょう。

水素水には「抗酸化酵素」に代わる活性酸素除去効果が期待できます。また代謝機能も同時に向上させます。水素水の飲用習慣をつければ、30代以降の人でも疲労が溜まりにくくなったのを実感できるでしょう。

二日酔い改善

大量のアルコールを摂取すると、その分解の際、肝臓で悪玉活性酸素が発生することがわかっています。飲酒が続くと、肝臓には悪玉活性酸素が蓄積されていくことになります。その悪影響で肝臓の働きは低下し、二日酔いを引き起こしやすい身体になっていくのです。

水素水の飲用習慣をつければ、肝臓内に悪玉活性酸素が蓄積されにくい体になれます。アルコール分解が快調に行われるため、二日酔いにもなりにくくなるでしょう。もちろん、飲酒を適度に楽しむ習慣をつけることも大切ですよ!

免疫力アップ

本ページでは「悪玉活性酸素」という言葉を連発しています。つまり悪玉があるということは、善玉もあるということです。「善玉活性酸素」の代表的な働きは、体内に侵入してきたウィルスの除去。その発生には免疫細胞である白血球の働きが、大きく関わっています。

しかし何らかの理由で活性酸素が大量発生してしまうと、悪玉の割合が多くなってきます。悪玉は細胞にダメージを与え、身体の免疫力を低下させる方向に働きます。風邪などにかかりやすくなるだけでなく、肺炎などの大病に発展させかねない悪影響ですから、要注意。

水素水の飲用習慣をつければ、体内に悪玉活性酸素が蓄積されにくくなることはすでに述べましたが、さらに驚きなのは、水素水が「悪玉活性酸素」だけを選別し、無害化させること。水素だけが持つこの高度な働きのお陰で、善玉が活躍する環境が整えられ、免疫力のアップにつながるのです。

いかがでしょうか?驚きのパワーでヘルシーライフをサポートする水素水の飲用習慣を、ぜひあなたもつけてみてくださいね!

このページの上部へ戻る