がん

このページでは、水素水のがん予防改善効果についてリサーチしています。

がんの予防改善にもオススメ!水素水

近年、水素水が大きな注目を集めるようになった理由は、その驚くべき健康効果にあります。

【水素水の健康効果って?】

おじいちゃん悪玉活性酸素(ヒドロキシラジカル)」は、ストレスや睡眠不足、紫外線や喫煙など、日常生活のさまざまな要因から体内で過剰発生し、細胞にダメージを与えます。悪玉活性酸素は病気や老化の大きな要因なのです。

水素水には「悪玉活性酸素に反応して結合する」という驚異的な働きがあります。そして、無害な水となり体外に排出されます。
このように水素水は、悪玉活性酸素の増加や活性化を抑制してくれるヘルシーパワーを持つのです。

そんな水素水が、がんにも効果的という噂は本当なのでしょうか?その詳細を以下に紹介していきましょう。

がん予防におすすめ

日本人の死因のトップである、がん。年間30万人以上ががんにより亡くなっています。その数は、第2位の心疾患を10万人以上も上回っているのです。

がんの原因のほとんどは、生活習慣やストレスによるもの。そしてご存知の通り、悪玉活性酸素はストレスや睡眠不足、栄養の偏った食事、そして喫煙などで体内に過剰発生します。

悪玉活性酸素は体内の細胞を傷つけ、酸化させます。つまり、直接的・間接的に細胞のがん化へ関わっているのです。

水素水は体内の悪玉活性酸素だけを選択的に無害化し、排出させる力を持っています。「いまのところがんの兆候はない」という人でも、予防の意味で水素水を習慣化していきましょう。

がんの転移防止におすすめ

ステージが進むとがん細胞が増殖し、元凶からの転移が始まるのが、この病気の怖いところ。しかしがん細胞にも「転移しやすいもの」と「転移しにくいもの」があると言われます。その違いは、がん細胞の中にある「ミトコンドリア」が握っています。

ミトコンドリアは、がん細胞内で大量の悪玉活性酸素を発生させています。水素水の力がこれを抑制することで「転移しやすいがん細胞」を「転移しにくいがん細胞」に換えることが可能。このロジックは、筑波大学による実験でも証明されています。

現在がん治療中で、転移の恐怖に怯えているという方にも、水素水はオススメです。

がん再発防止治療の副作用改善におすすめ

早期発見でがんを治療できたとしても、まだ再発防止の治療が待ち受けています。用いられる抗がん剤は、副作用が多いことで有名。特に「シスプラチン」という薬は、腎機能を低下させます。

水素水は、このシスプラチンとの併用が推奨されています。薬剤の効果を損なうことなく、副作用を抑制してくれるのです。また水素水自体には何の副作用もなく、厚生労働省から「安全無害な水」として認可されています。

現在がんの再発予防治療中という方にも、水素水はオススメです。

このページの上部へ戻る