副作用はあるの?

このページでは、水素水に副作用はあるのかどうかを調査しています。

水素水に副作用はある?

女医さん身体内で過剰に発生した活性酸素(=悪玉活性酸素)だけを選択し、無害化したうえで体外へと排出されていく水素水。

「悪玉活性酸素が、老化やあらゆる病気の源である」ことが判明するほど、その除去効果への期待は高まっていきます。

「でもそんなに強い力があるということは、何か副作用もあるんじゃないの…?」と心配する声が、聞こえてきそうです。

水素水に副作用はない!

結論から言ってしまいましょう。水素水に副作用はありません。

その証拠として、水素は厚生労働省により、食品添加物として認定されています。

食品添加物として認定されるためには、厳しい検査を通過する必要があります。しかも、再検査は定期的に行われています。

水素は国家レベルの正式な研究機関によって「人の健康を害する恐れがない」と認められた成分なのです。毎日、安心して摂取することができますよ!

適量はあるのか

身体にとって無害な水素水ですから「1日の摂取量を超えないようにしなければ…」などと、神経質になる必要はありません。水素水に含まれる水素は、多く摂取しても体内には蓄積されず、自然に排泄されます。ミネラルウォーターと同じ感覚で、気軽に摂取してください。

「でも少ししか飲まなかったら、抗酸化効果もないのでは?」という声が挙がるかもしれません。確かに、ストレスや生活習慣の乱れで体内に活性酸素が過剰発生している場合は、適量の飲用習慣を継続する方が、抗酸化効果をより実感しやすくなるでしょう。

そんな時は水そのものの量より、購入した水素水の「水素含有量」に注目してください。含有量が多い水素水ほど、少ない摂取量でも高い効果を実感できるはずですよ。

水素水による好転反応

水素水に副作用はありませんが、飲み始めに好転反応が現れる可能性はあります。

【考えられる水素水による好転反応】

頻尿、下痢、肌の吹き出物など

これらはいずれも、水素水のヘルシーパワーによる相乗効果で、毒素が体外へ排出されている証と考えて。上記のような反応が表れない人も大勢いますし、日数の経過につれ、症状は落ち着いていくでしょう。

このページの上部へ戻る