水素の働きとは

このページでは、水素水の効能を紹介しています。

水素水の効能

近年、水素水が持つ高い健康効果に注目が集まっています。
その最大の特徴は「高い抗酸化力」にあります。

【身体の酸化とは】

呼吸により体内で発生する活性酸素は、適量だと身体の免疫力を高めるのに役立つが、
ストレスや生活習慣の乱れで過剰発生してしまう。
活性酸素は身体の至るところで細胞を酸化させる。
これにより身体の機能低下や老化が促進されてしまう。

水素水は、過剰発生した活性酸素(=悪玉活性酸素)の働きを抑制するのに役立ちます。

要注目!水素水の高い抗酸化力】

身体の酸化を促進させる悪玉活性酸素と結びつき、無害化したうえで排出させる。

上記のヘルシーパワーが、水素水の名を一躍有名にしたのです。

他の抗酸化成分との違いは

悩む人人間の身体には、もともと抗酸化成分が備わっています。しかし加齢とともにその産生は減少するので、酸化(機能低下や老化)のスピードは加速していきます。

そこで「抗酸化力のある成分を、食事やサプリメントで取り入れよう」という研究が進められました。アンチエイジングは万人の願い。うまく商品化できれば、高い需要も見込める市場というわけです。

【抗酸化力が高いと言われている成分】

ビタミンC、ビタミンE、ビタミンA、コエンザイムQ10、アスタキサンチン、
アントシアニン、ルテイン、ポリフェノールなど

サプリメントや基礎化粧品に含まれる成分として、聞き覚えのある名前も多いのではないでしょうか?これらの成分にも、ある程度の抗酸化力が認められるのは確かです。
しかし、水素に比べると以下の2点が決定的に劣ります。

  • 水素以外の抗酸化成分は、悪玉だけでなく善玉活性酸素も除去してしまう。
  • それぞれの成分の特質(分子が大きい、水溶性/油溶性のいずれかである)
    により、到達できない器官が生じる。

水素のすごさは「悪玉活性酸素だけを選択除去する」こと。
そして「水にも油にも溶ける極小の分子なので、身体器官のどこにでも到達できる」こと。
まさに最強にして、最高の抗酸化力なのです。

その効能は、抜け毛や加齢臭の解消といった軽い症状から、生活習慣病やがんの予防改善といった重篤な症状まで、多種多様に発揮されます。それも水素水が持つ、繊細な抗酸化力のお陰というわけですね。

本当に効く抗酸化成分を探しているなら、水素水を試してみることをおすすめします!

このページの上部へ戻る