水素水の種類と違い

このページでは、一般に流通している水素水商品の種類を紹介します。

どれがいい?水素水商品の種類

細胞を酸化させ、身体機能の低下や老化を促進させる、悪玉活性酸素。ストレスや生活習慣の乱れにより、体内で過剰発生するため、注意が必要です。

熟慮熟女水素には悪玉活性酸素を無害化する、強い抗酸化力があります。このため、手軽に水素を摂取できる「水素水」は、大きな注目を集めています。

しかし「買ってみたけど、期待していたような効果は全然なかった」という声も、数多く挙がっています。これは「分子が非常に小さいため、水素水をパックした容器から抜けてしまう」という、水素の特徴が原因。いくら広告宣伝で「高濃度」を謳っていても、消費者の手に渡る頃、濃度が半減しているというケースもザラにあります。

では一体、どのような水素水商品を選ぶのがベターなのでしょうか?

生成器 電気分解で水素を水に溶け込ませるため、
高濃度な水素水が出来上がる。
その場で作るため、水素が抜ける前に摂取しやすい。
初期費用はかかるものの、長期的に見ると
最もコストパフォーマンスに優れている。
スティック スティックから水素ガスを発生させ、容器に充満させる。
しかし水自体に水素を溶け込ませることができないため、
水素は空気に触れた時点で、どんどん抜けてしまう。
アルミパウチ ペットボトルに比べ、水素が抜けにくいとされている。
とは言え飲み口の部分から水素が抜けることも
充分に考えられるので、注意が必要。
また小分けタイプなのでコストパフォーマンスが悪い。
ペットボトル ペットボトルを構成する分子より、水素分子の方が小さいため、
工場で商品化された時点から、どんどん水素が抜けてしまう。
とある実験では「水素が全く含まれていなかった」という結果が
出たほど。アルミ缶の商品にも、同様の心配がある。
どちらも購入は避けるほうが無難。

いかがでしょうか?

商品に含まれている水素は「水に溶け込んでいて、容器から抜けにくい」ことが、必須条件ということになります。現状ではやはり、生成器の購入が最もおすすめ。

しかし最近は「スティックタイプの水素発生材」を「専用耐圧ペットボトル」に入れることで高濃度水素水を実現し、しかも携帯しやすいという優れた商品も登場してきています。

水素水を購入する場合は、商品側が「抜け対策」をどのように講じているか、よく見極めることが大切ですね。

このページの上部へ戻る