効果的な飲み方

このページでは、水素水の飲み方について調査しています。

正しい水素水の飲み方とは

女性イメージ老化や身体の機能低下を招く悪玉活性酸素を除去する、水素。効果的に身体へ取り入れるには、水素水が最適です。

水素水は「安全無害な水」として厚生労働省にも認可されています。薬品とは異なり、副作用の心配もありません。いつでもどこでも好きな時に摂取してOKなのですが、購入には費用もかかりますので、できるだけその抗酸化効果を実感できる飲み方を、工夫したいですよね。

摂取量

成人が1日に必要な水分摂取量は1.5~2リットルと言われています。こと水素水に関しては、量よりも濃度が重要になってきます。濃度が低いとより多くの摂取が必要となりますし、濃度が高ければ少ない摂取量で済みます。以下にその目安を紹介しましょう。

  • 濃度の低い水素水(1.0ppmまたは1000ppb程度)…500ml
  • 濃度が高い水素水(7.0ppmまたは7000ppb程度)…70ml

上記は1回の摂取量目安。これを1日数回繰り返すと、より効果的です。また効果を実感するには、最低でも4ヶ月~半年は飲用を継続することが大切です。

タイミング

水素水は、基本的にいつ飲んでもOK。薬のように、食後や就寝前といった決まりはありません。中でも、以下のタイミングはおすすめできます。

  • 起床直後…身体から水分が抜けているうえに、数時間補給しなかったタイミングですから、吸収も早くなります。
  • 運動後…活性酸素が発生しやすくなっているので、水素水で早めに無害化してしまいましょう。
  • 入浴後…同じく活性酸素が発生しやすくなっているので、適量に整えてしまいましょう。
  • その他…調理の際に使用する水を水素水に切り替えてみるのは、おすすめ。
    また仕事中にストレスを強く感じた時や、喫煙の後などに
    悪玉活性酸素の過剰発生予防の意味で、水素水を飲むと良いでしょう。

温度

水素水を飲む時に注意しなければならないことがあります。それは、温度。
水素水は常温で飲むのが基本です

水素は溶け込んだ水を加熱・沸騰させてしまうと拡散してしまいます。また冷水は内臓にダメージを与えやすいので、避けた方が無難。水素が一番活動しやすい常温を心がけていきましょう。

容器

水素は分子が小さく、また空気に触れることで拡散してしまいます。このため工場で充填されているペットボトル商品などは、開封するころにほぼ水素が抜けてしまっていると言われています。

生成器を購入し、水素を溶かし込んだ水素水を、その場ですぐ飲むのが一番。携帯する場合は専用の耐圧ボトルに入れるのが望ましくなっています。またアルミパウチの商品は持ち運びやすくなっていますが、開封後数時間で、水素はほぼ抜けてしまうと考えておいてください。

このページの上部へ戻る