サラスバ

高い濃度の水素水として評判のサラスバ。実際の水素濃度を測ってみました。

サラスバの特徴は?

工場で製造されてから4ヶ月間は最大で-600mvの抗酸化能力を維持しているサラスバ。出荷されるのは製造から10日以内の物のみと、非常に厳しい品質管理が徹底されています。

熊本の天然水を使用して水素を充填。活性炭や特殊なセラミックをフィルターに用いているので、有害物質の心配もありません。

容器には水素が抜けにくいとされるアルミパウチを採用。容量も500mlと比較的大容量。注文の際は10本単位で区切って頼めるので、独身の方から大家族まで世帯構成を気にせずに注文できます。

初回限定価格や定期購入コースも用意されているので、気になる方は是非チェックしてください。

気になる水素量は公式サイトでは0.8~1.2ppmと謳われています。さぁ、その結果は如何に?

気になる検証実験結果は…


サラスバの実験動画

それでは、実験結果を発表します。

今回の実験は、容器の中の水が青くなるところまで市販の水素濃度検査薬を垂らす、というもの。水の中に水素が含まれていないと試薬が反応して、水が青くなる仕組みを利用したものです。

試薬1滴につき、0.1ppmの水素が含まれているとされ、6滴目で水が青くなれば5滴分までは水素が溶存しているとされ、その「水素水」の濃度は0.5ppmとなります。

新鮮な水素水を消費者に直送・サラスバ

広告宣伝の内容を裏切らない、誠実な姿勢が結果にも表出しています。

サラスバの水素濃度を計測した結果、試薬9滴頃からうっすら色づき始め、11滴目を垂らしたところで完全に水が真っ青に。つまり、開栓時に1.0ppmの水素が含まれていたと言ってよいでしょう。7.9ppmの7water1.5ppmの水素たっぷりのおいしい水に次いで、今回は3位

天然水をベースとしていることから飲みやすいものの、容量の関係で持ち運びには向かない、むしろ家庭に常備しておくタイプと言えます。

公式発表と同等の水素量が確認できた
サラスバの購入はこちら

このページの上部へ戻る